規制内容、外国為替証拠金取引のリスクを解説。条文のダウンロード、用語集等。
 トップページ>外国為替証拠金取引とは

HOME

金融先物取引とは

改正点
改正の背景

外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引のリスク

金融先物取引法条文

金融先物取引法施行令

金融先物取引法施行規則

無料条文書式ダウンロード

リンク集

用語集

関連書籍・本


外国為替証拠金取引とは

 株式の信用取引や商品の先物取引と同じように、外国通貨(為替)を売買する方法。
一定の証拠金(保証金)を担保にして、その証拠金の10倍以上の取引単位で行える金融商品。
 
 銀行のディーラー同士が取引を行う「銀行間取引(インターバンク取引)」と、銀行と客が外貨預金や両替業務を行う「対顧客取引」とに大別される。 
 銀行間取引はいわば外国為替の卸売市場であり、対顧客市場は外国為替の小売市場といわれている。
外国為替証拠金取引は、1998年4月に新外為法が施行され、だれもが自由に業務に参入できるようになったことをきっかけに、証拠金取引と差額決済方式を導入して誕生した新しい金融商品である。
 
 為替業務の自由化で、個人投資家がインターバンク相場に準じた相場で銀行ディーラーと同様の為替取引を行うことができる。
ただ「証拠金取引」は外貨預金と異なって、数か月先の為替を取引するので非常に投機的な金融商品で、リスクが高い。
 
 証拠金や損益は多くの場合、取引業者や海外などの外為業者が保管し、客の資金が業者の資産と分別されておらず、業者の倒産で投資家に証拠金が戻らない事故も出ている。


サイト運営者コンテンツ免責事項プライバシーリンクについてヘルプサイトマップ

CopyRight 金融先物取引法ガイド All Right Reserved